【強迫性障害】妻を殴ったと110番→警察来る→ナタで応戦→逮捕
By haotti On 13 8月, 2012 At 12:23 PM | Categorized As top | With 1 Comment

なんだかまた警察の不祥事が起きたみたいなんだけど、よく分からない事件が起きたんだ。

群馬県警の巡査長新井孝一容疑者が、妻を殴ったって110番通報を自分でしたんだって。しかも実家から。

スポンサー広告


で、警察がかけつけたら、怒ってナタで応戦して逮捕されちゃったみたいなんだ。

「何で警察が来たんだ」 なたで抵抗の警官逮捕「妻殴った」と110番

群馬県警は12日、銃刀法違反の現行犯で、県警本部留置管理課の巡査長、新井孝一容疑者(47)=渋川市渋川=を逮捕した。

県警 によると、12日午後10時50分ごろ、実母の介護のため妻(45)とともに訪れていた沼田市の実家から「妻を殴ってしまった」と110番。その後、駆け 付けた沼田署員に「何で警察が来たんだ」などと言って、なたとのこぎりを持って抵抗したため、路上で取り押さえられた。妻にけがはなかった。

逮捕容疑は、正当な理由なくなた(刃渡り17センチ)を持っていたとしている。「農家なのでなたとのこぎりを持っている」と否認している。

新井容疑者は昨年、強迫性障害と診断され休職し、今年7月から復職していた。

ってことで、いくつか謎があるよね。

  • 強迫性障害は完治していなかったのではないか。復帰してよかったものか
  • 何故わざわざ実家まで行って妻を殴ったのか
  • ナタとノコギリを何故持っていたのか
  • 警察に何故自分で通報したのか。また何故怒ったのか。

色々と謎だよね。

ちがみに強迫性障害の事をちょっと調べてみたよ。強迫性障害っていうのは強迫観念と強迫行為から成り立つものみたいで、2つ両方持ってる人じゃないと強迫性障害とは言えないみたいなんだ。

強迫観念(きょうはくかんねん)とは、本人の意志と無関係に頭に浮かぶ、不快感や不安感を生じさせる観念を指す。強迫観念の内容の多 くは普通の人にも見られるものだが、普通の人がそれを大して気にせずにいられるのに対し、強迫性障害の患者の場合は、これが強く感じられたり長く続くため に強い苦痛を感じている。ただし、単語や数字のようにそれ自体にはあまり意味の無いものが執拗に浮かぶ場合もある。

強迫行為(きょうはくこうい)とは、不快な存在である強迫観念を打ち消したり、振り払うための行為で、強迫観念同様に不合理なものだが、それをやめると不安や不快感が伴うためになかなか止めることができない。その行動は患者や場合によって異なるが、いくつかに分類が可能で、周囲から見て全く理解不能な行動でも、患者自身には何らかの意味付けが生じている場合が多い。

ってこれだけ読むと、真面目か!って感じで分かりづらいんだけど、ちょっとわかりやすく書くとこんな感じなのか。

  • ドアを閉めるときは開けてから閉める
  • 電気を消すときは2回やる
  • 寝る前に毎回ふとんを引き直す
  • 目をズキズキさせる→視力低下+軽い眼瞼下垂になった恐れあり
  • 潔癖症がひどくて、何度も手を洗う

こういう症状。当てはまる人はちょっとやばいかも知れないね。

加害恐怖とか、色々な種類があるから自覚症状がない人も結構いるみたいだよね。なんにせよ怖い病気で日常生活に支障があることもあるみたいなんだけど、あのベッカムもそういえば強迫性障害らしいよ。そういえば。

 

Share on Facebook
Bookmark this on Livedoor Clip
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【強迫性障害】妻を殴ったと110番→警察来る→ナタで応戦→逮捕


関連記事を表示

About - 30代女。 ネット大好きはおっちです。ネット上のイマハヤ!(今流行ってること)をまとめてブログに書いてるよ。

Displaying 1 Comments
Have Your Say
  1. Jennifer より:

    I was scturk by the honesty of your posting

匿名でコメントが可能です。