【柔道のジュリー制度って?】誤審防止策が裏目に!
By haotti On 30 7月, 2012 At 11:10 AM | Categorized As top, スポーツ | With 0 Comments

オリンピックも盛り上がってきたけど、柔道のジュリー制度について様々な議論がいろんなところで話題になってきているよ。

最近の柔道の大会にはジュリー制度っていうのが導入されるようになったんだ。

スポンサー広告


このジュリー制度。

各試合場とセンターテーブルにジュリー = 審判委員がいて、審判員のミスをチェックするためにつくられたんだ。
センターではビデオでリプレイするシステムがあって、本来はどっちの技か見違えたり明らかなミスがあった時のダブルチェックのために設けられたみたいなんだよね。

ところが、最近は本来やらないはずの一本とか技有りかとかの技評価までやりだして、昨日の柔道男子66キロ級の準々決勝で、海老沼とチョ・ジュンホの試合ではついに旗の判定にまで口を出してきたんだ。

そもそも昨日の試合。

ジュリーの判断で覆った旗判定 「柔道精神守るため」 柔道

柔道男子66キロ級の準々決勝で、海老沼とチョ・ジュンホの試合で下された旗判定が、試合場全体の審判を統括するジュリー(審判委員)の判断で、覆される前代未聞の事態があった。

問題のシーンは海老沼-チョ戦の終了直後。海老沼は延長戦の1分過ぎ、一度は有効と判定され取り消される小内刈りを放っていた。その後は一進一退で時間が切れ、旗判定に委ねられた。主審と2人の副審は青のチョを支持。3-0で一度はチョに勝ちが告げられた。

ところが、バルコス大会審判委員長が3人の審判を呼び集め、判定のやり直しを指示。再び行われた旗判定は3-0で白の海老沼を支持する異例の逆転裁定となった。

試合後、バルコス委員長は「我々の責任は柔道精神を維持すること。真の勝者が勝者として畳を降りる状況を作った」と説明した。

ってことなんだよね。

なんだか買った選手も負けた選手も納得出来ないヒドイかんじだったよね。

ジュリー制度自体にどこからどこまでの権限を与えるかっていうのが明確で無い部分が一番問題視されはじめているよ。

何にせよ、晴れの舞台。オリンピック。一生懸命戦っている選手のためにも誤審や後で納得がいかない判定は極力しないようにしてほしいところだよね。

Share on Facebook
Bookmark this on Livedoor Clip
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【柔道のジュリー制度って?】誤審防止策が裏目に!


関連記事を表示

About - 30代女。 ネット大好きはおっちです。ネット上のイマハヤ!(今流行ってること)をまとめてブログに書いてるよ。

匿名でコメントが可能です。