【ゴースト暗算】6時間でできる!2ケタ×2ケタの暗算
By haotti On 26 4月, 2012 At 05:37 AM | Categorized As top, 話題 | With 2 Comments

 【ゴースト暗算】6時間でできる!2ケタ×2ケタの暗算が今話題になっているらしいんだ。

スポンサー広告


今東大医学部生の岩波邦明さんが考えたゴースト暗算が今すごいらしいんだ。

今日本の子供たちが9×9をまでなのに対して、インドの子供たちは19×19までを頭に入れているのは

知っているかな?

はおっちもテレビで見ていた事があるんだけど、インドの子供達って賢いんだよね。

日本でもインドの学校に入れる人がいるみたいな特集を見た事があるんだ。

でもこの日本に生まれたゴースト暗算を使うとインドの約25倍に当たる99×99までの暗算が

即座に出来るようになるらしいんだ!

これ、すごいよね??

「岩波メソッドゴースト暗算」。インド式では19×19までを単に暗記するが、ゴースト暗算ではその名の通り、丸覚えではなく暗算するという画期的なメソッドだ。

たとえば78×45をパッと見て答えが浮かぶ人はほぼいないと思うが、この計算が暗算で可能なのだ。メソッドの開発者である岩波邦明さんは日能研関東の協力のもと、小学3・4年生を対象に教えてみて、強い手ごたえを感じているという。

「小学校で九九を習うのは2年生ですが、九九さえできるようになれば、あとは足し算しか使わないのがこのメソッドの特徴です。だから小学3年生以上であれば誰でも始められるのですが、やってみるとお子さんたちの習得能力に驚きます。早いお子さんだと3時間ほどで、2ケタ×2ケタの暗算ができるようになり、6時間以内には全員ができるようになりました」

つまり、このメソッドを習得した子は、1×1から99×99までの暗算をマスターしたことになる。これはやはり、世界的な発明ではないか。事実、この暗算法の解説と習得のためのドリルをまとめた『6時間でできる!2ケタ×2ケタの暗算』(小学館クリエイティブ)は発刊から半年で26万部を超えるヒットとなっている。

開発者のプロフィルも、メソッドに対する信頼感を醸成している。

岩波さんは現在24歳。東京大学医学部の6年生である。取材当時すでに36科目の卒業試験にパスしたところだった。今後は脳の研究に関連した仕事をしていけたらと考えているという。

 

そしてこの計算法のすごいところが、左脳だけでなく右脳まで活発になるらしんだ。

沢山の数の計算も出来て、なおかつ脳の活性化にもつながるだなんて

出来るようになったら本当に日本の未来が変わりそうだよね!?

はおっちは基本的に計算は苦手なんだけど

練習してみたいなって思っているところなんだ。

このおさかなぷれーとが可愛くって気にいっているんだ。

今後もこのゴースト暗算法から目が離せないね!!

6時間でできる!2ケタ×2ケタの暗算―岩波メソッドゴースト暗算 (岩波メソッド ゴースト暗算)

2ケタ×2ケタの暗算プリント (岩波メソッドゴースト暗算)

Share on Facebook
Bookmark this on Livedoor Clip
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【ゴースト暗算】6時間でできる!2ケタ×2ケタの暗算


関連記事を表示

About - 30代女。 ネット大好きはおっちです。ネット上のイマハヤ!(今流行ってること)をまとめてブログに書いてるよ。

Displaying 2 Comments
Have Your Say
  1. Efe より:

    Oh yeah, faubuols stuff there you!

  2. 優希 より:

    すごくかっこいい

匿名でコメントが可能です。