メキシコ、サポテカ族の「ムシェ」がなんか凄い
By haotti On 17 2月, 2012 At 04:43 PM | Categorized As top, 海外 | With 2 Comments

メキシコにはサポテカ族っていう部族が有るみたいで、なんか気になったから調べてみたよ。

スポンサー広告


何が気になるって、このサポテカ族。同性愛者に世界一寛容な街であるかもしれないんだ。

メキシコ南部オアハカ州に位置するフチタンという地方都市で女性が強いことで世界的に有名なところらしいんだけど、サポテカ語で同性愛者のことは「ムシェ」って言うらしくて、町の人々にちゃんと受け入れられているとのこと。

特に母親がムシェに関しては寛容性が高いみたいで、「女の子っぽい男の子」が生まれると喜んじゃう母親が多かったりもするみたい。

でもって、ムシェは結婚しないでずっと母親と同居して生活を助けてくれるみたいなんだ。

そりゃー母親は嬉しいよね。

日本だとニート的な不安もあるけどそのあたりはどうなのかは気になるところだね。

あと、サポテカ族といえば遺跡だよね。遺跡。

なので最後にモンテ・アルバンの遺跡の動画でも見てもらおうかと思うよ。

Share on Facebook
Bookmark this on Livedoor Clip
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - メキシコ、サポテカ族の「ムシェ」がなんか凄い


関連記事を表示

About - 30代女。 ネット大好きはおっちです。ネット上のイマハヤ!(今流行ってること)をまとめてブログに書いてるよ。

Displaying 2 Comments
Have Your Say
  1. Name... より:

    ムシェは同性愛者ではなくて、「強い母に憧れ、女になりたいと思う男」ですよ。
    あとサポテカ族は女性が働きに出て男が家のことをするので、
    ムシェはニートではなく、家を支えるために働きます。

  2. 島田風 より:

    古事記を知っていますか?
    私は古事記のイザナミの子孫の→島田。です。
    世界の石造りの建造物は私の先祖が全て造っています。
    この国の天皇が偽者天皇だから、私の家の歴史を消しているのです。
    サポテカとは日本語で→左保手果です。
    この左は→大井川の左岸の左です→金谷がその左。
    金・は世界中私の家の文化です。
    モンテ・アルバン→門手有番→門は戸の片割れです。
    この戸が2つで→門。
    手は→清水寺の千手観音の手。
    有は→私の先祖→月の先祖→月は(陰陽の陰)女性の月のものは私の先祖から派生しています。
    強い女性!
    フランスのモンブランも→門豊蘭です。
    モン、は→世界中私の家の門です。だから世界中にモンの付く地名があります。
    蘭も同じです。
    さて、ムシェとは→無性が長い歴史を経て→ムシェになったと思います。
    料理に→果の料理があれば、私の家の料理です。
    この果→仏教の因果の果です。
    仏教は私の家が世界に弘めた文化です。
    スペイン人以前の文化が私の家の文化です。
    おそらく、DNAが一致します→メキシコ原住民と。
    マヤ文明も摩耶です。
    ギアナ高地も→巍坎です。
    細部を良く調べて下さい。
    島田風。

匿名でコメントが可能です。