寝相の病気・寝言の病気【レム睡眠行動障害】
By haotti On 29 2月, 2012 At 01:12 AM | Categorized As top, 健康 | With 1 Comment

寝相や寝言の病気があるらしいんだ。

スポンサー広告


その分析方法は、どうやら夢の中身にあるらしいんだ。

例えば寝相が悪すぎる人って、そこらへんをウロウロ歩いちゃったり、隣にいる人を殴っちゃったり、まるで起きているかのような行動をとったりすることがあるんだって。

レム睡眠行動障害っていうのがまさにそれみたいなんだ。

レム睡眠行動障害はレム睡眠中にも骨格筋が動いてしまうため、夢の内容と同じような行動を実際に眠りながらとってしまうんだって。

つまり、診察をするには夢の内容が必須みたいなんだ。

隣で寝ている人の寝相が悪すぎたりしたら、起こしてみて夢の内容をすぐに聞いてみるといいと思うよ。

もしも、内容と一致した行動を撮っていた場合は、レム睡眠行動障害の可能性が高いみたい。

でねでね。この病気が厄介なのは、手足が小刻みに震えるパーキンソン病とか幻覚が現れる レビー小体型認知症などの神経疾患を合併したり、うつ病やナルコレプシーの原因にもなりかねないみたいなんだ。

夢占いってむかしからあるけど、実際に夢の内容が病気と密接に関係しているだなんて思ってもいなかったよ。

ってことで、みんなも朝起きて変なとこにアザがあっていたんだり、ありえない所で目が覚めたりとかが続くようであればちょっとこの病気を疑ってみるといいと思うんだ。

Share on Facebook
Bookmark this on Livedoor Clip
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 寝相の病気・寝言の病気【レム睡眠行動障害】


関連記事を表示

About - 30代女。 ネット大好きはおっちです。ネット上のイマハヤ!(今流行ってること)をまとめてブログに書いてるよ。

Displaying 1 Comments
Have Your Say
  1. Wissam より:

    Thanks for sharing. Your post is a useful cortnibution.

匿名でコメントが可能です。