100万ベクレル/1kg超えの謎の黒い物質の正体とは!?
By haotti On 23 2月, 2012 At 06:19 PM | Categorized As hot topic, 国内 | With 1 Comment

南相馬市付近の至る所で黒い粉塵というか物質があちこちで見られているようなんだ。

スポンサー広告


写真(写真は消えない夜さんのぶろぐより)のようなものがあつこちにあるみたいで、問題なのはこの物質の付近で放射線の量をはかるととんでもない高い「人が住めないような」数値が出るみたいなんだ。

【南相馬市】100万Bq/Kg超えの黒い粉塵がいたるところに?

一部抜粋してみるよ。

「人が居住する地域に決して存在してはならない高いレベル」

南相馬市大山こういち市会議員は、ブログで、学校の通学路など、いたるところに、100万Bq/Kgを超えるような「高線量の物質(粉塵)」あることがわかったと記している。

南相馬市内有志から、高線量である黒い粉塵が散らばっているとの指摘を受け、大山議員がその粉塵を神戸大学の山内教授に測定してもらった結果、 100万Bq/Kgを超えたとの結果報告があった。掲載された「調査結果報告書」(2月16日)では「人が居住する地域に決して存在してはならない高いレ ベルの汚染物質である。このような土地に無防備な住民を住まわせてよいとはとうてい考えられない。」
山内知也**

って事で、とってもとっても大変みたいなんだ。

その黒い物質の正体をつかむべく、色々なところが調査をしたり調べたりしてるみたいで、「フクシマの命と未来を放射能から守る会」の代表を務める大山弘一氏が採取し、神戸大学大学院の知也教授に依頼した調査の報告書が2月16日送られてきたみたいなんだ。

簡単に調査の結果をまとめてみると

  • 検体からキログラム当たり100万ベクレルを超える高いセシウムが検出
  • 試料は黒っぽい褐色
  • 植物が起源と思われる断片も混入
  • コケ類等が枯れることで濃縮が進んだ

ってことで、周辺住民の方はとても警戒を強めているみたいなんだ。

とっても時間がかかることだとは思うけど、早く解決して欲しいよね。

はおっちも放射能のことを考えると日本の未来がとても心配になるんだ。

 

Share on Facebook
Bookmark this on Livedoor Clip
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 100万ベクレル/1kg超えの謎の黒い物質の正体とは!?


関連記事を表示

About - 30代女。 ネット大好きはおっちです。ネット上のイマハヤ!(今流行ってること)をまとめてブログに書いてるよ。

Displaying 1 Comments
Have Your Say
  1. これは無主物ではない。 より:

    これは無主物ではない。

匿名でコメントが可能です。